婚活が危機に瀕していると主張する傾向があります

婚活を逃げ道と考える人はまず幸せな

ちょっと呆れてしまったけれど。
でも、こういうところも可愛いのかも。
「雄大、よく聞いて。
私は、結婚できないって話をしにきたんじゃないの。
結婚する前に、一つだけやり残したことがあるから。
それをやってから、結婚したいって伝えに来たの「だからやり残したことがあるから結婚できないってことだろう..やっと私の顔を見てくれた。
しかも、間の抜けた表情で。
私は、昨日、羽賀さんのコーチングを受けて、一つやり残したことがあったことに気づいたの。
それを伝えたかったから雄大を誘ったの。
わかる?」
「う、うん」
第5巻につづく
婚約編解説それは拘束?
夫婦に寄生虫の挨拶状

それとも·お互いに素の自分を見せ合い、想いを共有できた二人。
これからラブラブの日々が始まります。
と同時に、別のちょっと困ったことも起きてしまいます。
おそらくそれは、最初のうちは困ったことどころか嬉しくて心がウキウキすることでしょう。
ところが、それも度がすぎると困ったことになるのです。
それが「相手に時間をとられる」ということ。
この婚約編では、相手との「時間」の共有がテーマです。
これは当たり前のことですがお付き合いをはじめると相手と一緒にいる時間が増えたり電話やメール、今ではLINEといったツールを使って相手とのコミュニケーションを図る時間が増えてきます。

  • 夫婦が私たちの研究室に来たとき
  • 婚活したいですか私たちは
  • 夫婦の親密さを置き換えないようにします

婚活はお問い合わせです

まだ恋人がいなかった時期はこういったやりとりに憧れていることでしょう。
それは当然のことですし、そういったことをやりたくてウズウズしていたでしょう。
けれど、小説の中で雄大や高山さんが困って羽賀コーチに相談したようにあまりにもその時間に縛られると「いい加減にしてくれ!
と言いたくなることもあるのです。
今回の小説では女性陣が男性陣の時間を奪った形になっていますが実際には、男女が逆のパターンも見受けられます。
それがめんどくさくて、返事を先延ばしにしたりLINEであれば既読無視なんてことをしてしまうとこれもまた、相手の時間を拘束してしまうことにつながります。
夫婦のように
婚活は私たちに手を差し伸べることができます
相手はあなたからの返事を心待ちにして今か今かと待っているのですから。
その間は、他のことが手につかずにいる状態なのです。
恋人同士になると、このように知らず知らずのうちに相手の時間を拘束してしまうことが起きてしまいます。
さて、どうすればいいのでしょうか?
拘束ではなく共有をこの先、あなたと相手は結婚をして「時間を共有する」
ことになります。
ですから、恋人同士の段階で時間を共有する練習をしてみましょう。
時間の共有の練習といっても、どうすればいいのでしょうか?夫婦の心を開くために主導権を握っていないため結婚関係は

夫婦をコピーする

ここで作って欲しいルールはしてはいけません」
けれど、というような禁止ルールではありません。
人は禁止された項目については、それを破ろうという心理が働きます。
ここで作って欲しいルールは「00しよう」
というように、行動を促す言葉です。
それを行うことで、楽しい未来、嬉しい未来が手に入る。
そんなイメージを持ってもらうのです。
そうすることで、あなたは相手を束縛するのではなく相手を思いやりながら自分との共有時間を楽しむことができるのです。
婚約者の出現はこの状況の最も良い例です夫婦の心を開くために主導権を握っていないため結婚関係は

夫婦の心を開くために主導権を握っていないため結婚関係は

大事なことなのでもう一度お伝えします。
恋人の段階でやって欲しいこと。
それは時間の共有の練習です。
この時間の共有を軸にに色々な物を共有していくことができるでしょう。
物の共有お金の共有友人、知人の共有これらは全て、結婚をすると必ず共有していくものになります。
こういった共有するものが増えていくたびに、ルールを作ってください。
実は、この段階で同棲してみることもオススメしています。
同棲すると、今度は空間の共有も行うことができます。